できたことノート&手帳

「できたこと」から行動を変える専門家 永谷研一の著書「できたことノート」「できたこと手…

できたことノート&手帳

「できたこと」から行動を変える専門家 永谷研一の著書「できたことノート」「できたこと手帳」に関する情報を発信しています。

マガジン

  • 「できたこと」から行動を変えると未来が変わる

    永谷研一著「1日5分「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート」「科学的にラクして達成する技術」「月イチ10分「できたこと」を振り返りなさい」を解説しました。本を章、節ごとに分けて気軽に読めるコンテンツになりましたのでこのマガジンでお届けします。 本を読んだ方も、まだ読まれていない方にも、明日がちょっと良くなるヒントとして読んで貰えたら嬉しいです。

リンク

ウィジェット

  • 商品画像

    科学的にラクして達成する技術

    永谷 研一
  • 商品画像

    月イチ10分「できたこと」を振り返りなさい

    永谷 研一
  • 商品画像

    1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート

    永谷 研一
  • 商品画像

    いいところが見つかる! やる気になる! 親子できたことノート

    永谷 研一
  • 商品画像

    仕事と研修が一体化した人の成長マネジメントの技術

    研一, 永谷

記事一覧

固定された記事

こんにちは永谷研一です。このnoteの見方

こんにちは、ネットマンの永谷研一(ながやけんいち)です。 静岡県在住で、教育ICTの仕事をしたり、自己肯定感を高める活動をしています。 教育ICTは長く、2001年に初出荷…

【vol.37 成長を妨げる思い込みについて】

前回 【vol.36 「経験」を目標達成に活かすには】では、 「できたこと」に着目し「自己肯定感」を高めておくと、 「成長欲求」スイッチが入り「経験」から学ぶことがで…

第1回できたこと手帳クラブ開催しました

2024/2/20(火)19:00-21:00に、第1回できたこと手帳クラブが開催されました。アナログと遠隔のハイブリッド開催でとても楽しかったです。 クラブなんで、聞くだけのセミナ…

【vol.36「経験」を目標達成に活かすには】

「経験」を目標達成に活かすために必要なものとは 「経験」を「目標達成」や「ありたい姿の実現」に活かすには、あるものを高めておく必要があります。 「成長したいな…

【vol.35「経験は大切」というけれど、一体「経験」の何が大切なのか考えてみた】

皆さんの過去は、「経験」のかたまりです。 小さい時に、ザリガニ捕りをしたこと。友達とケンカしたこと。 他にも受験勉強やクラブ活動など。これらは全部、皆さんの「経…

【vol.34  精神論に走り「経験をスルーするクセ」がつく 反省のデメリット③】

反省すると成長が止まる。反省のデメリット、3つ目を紹介します。 反省のデメリット③ 精神論に走り「経験をスルーするクセ」がつく「明日から気合を入れてがんばろう!…

【vol.33 深い思考ができなくなり「成長しない人」になる 反省のデメリット②】

反省すると成長が止まる。反省のデメリット、2つ目を紹介します。 反省のデメリット② 深い思考ができなくなり「成長しない人」になる深く考えることができなくなる 「…

【vol.32 「できなかったこと」を見るとやる気が減退し自信がなくなる 反省のデメリット①】

「反省」すると成長が止まってしまいます。 ここから3回のマガジンでは「反省」のデメリットを3つ紹介していきます。 反省のデメリット①  「できなかったこと」を見…

【vol.31 「できたことノート」が書けない日はどうすればいいか】

「できたことノート」が書けない日はどうすればいいか毎日「できたことノート」を書いていると、 何も書けないという場合もあるかと思います。 「できたことノート」を書…

【vol.30 感情の観察ができるようになることのメリット】

感情の観察ができるようになることのメリット 「感情を観察」ができるようになると、もう一つ大事なことができるようになってきます。それは、「周りの人に対しても冷静に…

【vol.29】感情を観察するクセをつけよう

感情を観察するクセをつけよう「自己肯定感が下がってるかも」のサイン あなたの自己肯定感は高いですか?低いですか? これは、 「高ければ良い」「低いから悪い」 と…

【vol.28】自己肯定感が下がっている時の3つの特徴

「自己肯定感が下がってるかも」3つのサイン①ほめ言葉や感謝の言葉を素直に受け止められない 「がんばってるね、よくやってるね」 「聞いてるよ。○○さんの評価、良か…

「できたこと」から行動を変えると未来が変わるマガジン 続きの準備ができました!

永谷研一 / ネットマン社長ブログ 「できたこと」から行動を変えると未来が変わるマガジン を読んでくださっている皆様、いつも、ありがとうございます。 今日はお知ら…

ガラケー時代からCラーニングを活用してくださった阪井先生。ありがとうございました

学校や授業で活用するICTシステム「Cラーニング」は23年前の2001年9月に出荷されました。コミュニケーション・ラーニングの名のもとに教員と生徒の双方向のやり取りを実現…

できたことが見つからないとき、見つけるための質問をしよう。K-MIXラジオ実践談①

私は「できたことノート」「できたこと手帳」という書籍を通じて、多くの人にできたことの見つけ方やそのできたことから行動を変える方法、ありたい姿を見出す方法をお伝え…

書籍解説を完全無料化。まずはこちらをお読みください

こちらは、 【1日5分「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート】 の書籍解説のマガジンになります。 今まで100円の有料コンテンツにしていましたが、この度、す…

固定された記事

こんにちは永谷研一です。このnoteの見方

こんにちは、ネットマンの永谷研一(ながやけんいち)です。 静岡県在住で、教育ICTの仕事をしたり、自己肯定感を高める活動をしています。 教育ICTは長く、2001年に初出荷した「Cラーニング」というクラウドサービスが全国の学校や企業でご活用頂いています。また企業の人材育成を行う中、目標達成の技術「PDCFAサイクル」というメソッドを編み出し、行動変容を促進するITシステムで日米で特許を取ったりしました。(発明家の所以)。目標達成に関連した書籍を多く出版しています。 その中で、

【vol.37 成長を妨げる思い込みについて】

前回 【vol.36 「経験」を目標達成に活かすには】では、 「できたこと」に着目し「自己肯定感」を高めておくと、 「成長欲求」スイッチが入り「経験」から学ぶことができる。 と、お伝えしました。 「できないこと」に着目してしまう理由 しかし、問題があるんです。 我々は小さいころから、「できないこと」に着目させられ、「人と比較される」環境にいました。 学校の勉強でもクラブ活動でも家庭でも、会社に入ると同期と比べられることがあったかもしれません。 いずれにしろ、「できな

第1回できたこと手帳クラブ開催しました

2024/2/20(火)19:00-21:00に、第1回できたこと手帳クラブが開催されました。アナログと遠隔のハイブリッド開催でとても楽しかったです。 クラブなんで、聞くだけのセミナーではなく、参加者同士が交流できるような雰囲気がいいなと思っていましたが、みなさんがお互いの「できたこと」について共感したり話し合ったりしてくれたのでとてもいい場になりました。 参加者の声です 皆さん喜んでくれていて嬉しいですね。クラブやってよかったなーとほんと思います。 もし「できたこと手帳

【vol.36「経験」を目標達成に活かすには】

「経験」を目標達成に活かすために必要なものとは 「経験」を「目標達成」や「ありたい姿の実現」に活かすには、あるものを高めておく必要があります。 「成長したいな」という気持ち、すなわち「成長欲求」を高めておく必要があるんですね。 マズローという心理学者が、「欲求5段階説」を唱えています。5段階の欲求の最上位が「自己実現欲求」と言われていますが、それと同じです。人は「より成長したい」という気持ちがないと、「経験」から学びとることをしないんです。 「成長」というのは、「ザ

【vol.35「経験は大切」というけれど、一体「経験」の何が大切なのか考えてみた】

皆さんの過去は、「経験」のかたまりです。 小さい時に、ザリガニ捕りをしたこと。友達とケンカしたこと。 他にも受験勉強やクラブ活動など。これらは全部、皆さんの「経験」です。 では、「経験」の何が大切なのでしょうか 「経験」とは、実体験を通した学び ザリガニ捕りの時、挟まれるかもしれないけれど草むらに手を突っ込んで、チャレンジして捕った。怖いけどチャレンジして、がんばってザリガニが捕れた。この経験から、「勇気を出して挑戦するといいことがある」と学びました。 友達とケンカし

【vol.34  精神論に走り「経験をスルーするクセ」がつく 反省のデメリット③】

反省すると成長が止まる。反省のデメリット、3つ目を紹介します。 反省のデメリット③ 精神論に走り「経験をスルーするクセ」がつく「明日から気合を入れてがんばろう!」の罠 反省した後に、 「今日はダメだったから、明日から気合を入れてがんばろう!」という人がいます。 これ自体を否定することはないですよ。 「がんばろう!」と思っているんですから。 でも「行動を変える」という視点から見ると、問題があります。 これ、実は「精神論」なんです。 経験から学んだとは言えないんですね。

【vol.33 深い思考ができなくなり「成長しない人」になる 反省のデメリット②】

反省すると成長が止まる。反省のデメリット、2つ目を紹介します。 反省のデメリット② 深い思考ができなくなり「成長しない人」になる深く考えることができなくなる 「できなかったこと」「失敗したこと」「ダメだったこと」を見つめ続けたら、どうなってしまうのでしょうか。 「いけないことだよね」「自分はなんてダメなんだろう」 「私はこの仕事に向いていないんじゃないか」と、へこんでいきます。 そしてだんだん、深く考えることができなくなっていくのです。 「深く考えることができなくなる

【vol.32 「できなかったこと」を見るとやる気が減退し自信がなくなる 反省のデメリット①】

「反省」すると成長が止まってしまいます。 ここから3回のマガジンでは「反省」のデメリットを3つ紹介していきます。 反省のデメリット①  「できなかったこと」を見るとやる気が減退し自信がなくなる。皆さんは、1日の終わりに「今日はこんなことがあったな」と思いを巡らせたり、その日やその週の仕事の成果を振り返ったりすることがあるでしょうか。 自分の行動や言動を思い出して省みることを、「振り返り」と呼びます。 そして「省みる」ときには、「反省」という言葉がよく使われます。 「反

【vol.31 「できたことノート」が書けない日はどうすればいいか】

「できたことノート」が書けない日はどうすればいいか毎日「できたことノート」を書いていると、 何も書けないという場合もあるかと思います。 「できたことノート」を書こうとしても、どうしても書けない。 もう今日はできたことないよ。思い浮かばない。 そんな日でも、もちろん「できたこと」はあるんですよ。 たくさんあると思うのですけれど、自己肯定感が下がってしまったり、 何か気持ち的に問題があったりして、書けないことはあると思います。 「書けない日もあるさ」と自分を受け止める

【vol.30 感情の観察ができるようになることのメリット】

感情の観察ができるようになることのメリット 「感情を観察」ができるようになると、もう一つ大事なことができるようになってきます。それは、「周りの人に対しても冷静に対処することができる」ということです。 誰かが自分に「怒り」をぶつけてきたとしたら 例えば、周りの人が自分に「怒り」をぶつけてきたとします。 (あの人は、今、こういう状態で、少し傷ついているのかもしれないぞ)と捉えることによって、相手への見方がまったく変わってくることがありますね。 (もしかしたらあの人、今、

【vol.29】感情を観察するクセをつけよう

感情を観察するクセをつけよう「自己肯定感が下がってるかも」のサイン あなたの自己肯定感は高いですか?低いですか? これは、 「高ければ良い」「低いから悪い」 ということではありません。 ただ、自己肯定感が低くなったときに、 「感情的に行動したり、自暴自棄になったりしてしまう」 これは残念なことだと思います。 この私でも、 人間ですから自己肯定感が下がることはあります。 その時に、 自分はどんな行動を取りやすいのかを知っておくと、 最悪の状態になる前に気づき、対応する

【vol.28】自己肯定感が下がっている時の3つの特徴

「自己肯定感が下がってるかも」3つのサイン①ほめ言葉や感謝の言葉を素直に受け止められない 「がんばってるね、よくやってるね」 「聞いてるよ。○○さんの評価、良かったよ」 「ありがとう助かってるよ」 と言われることもあるかと思います。 普通であれば 「ありがとうございます、お世話になってます」とか 「うれしいです」と応えますよね。 でも、 (何か裏にあるんじゃないか) (頼まれごとをするんじゃないか)などと勘ぐって、 「そんなことありません」と謙遜したり、 否定してしま

「できたこと」から行動を変えると未来が変わるマガジン 続きの準備ができました!

永谷研一 / ネットマン社長ブログ 「できたこと」から行動を変えると未来が変わるマガジン を読んでくださっている皆様、いつも、ありがとうございます。 今日はお知らせがあります。 このマガジンではvol.27まで 【1日5分「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート】の書籍解説をしてきましたが、 この度、皆様への感謝の気持ちを込めて、 【できたこと手帳】 【月イチ10分「できたこと」を振り返りなさい】 【科学的にラクして達成する技術】 の書籍解説も順次公開する

ガラケー時代からCラーニングを活用してくださった阪井先生。ありがとうございました

学校や授業で活用するICTシステム「Cラーニング」は23年前の2001年9月に出荷されました。コミュニケーション・ラーニングの名のもとに教員と生徒の双方向のやり取りを実現できるツールです。 大講義室であっても、一人一人の学生の考えていることが瞬時にプロジェクターに投影されますので、アクティブな授業として協調学習環境が実現できる画期的なツールでした。 当時のデバイス端末はケータイ。いわゆ「ガラケー」です。一人一台もっていたケータイを学習端末と見立てて、ASPシステムである「C

できたことが見つからないとき、見つけるための質問をしよう。K-MIXラジオ実践談①

私は「できたことノート」「できたこと手帳」という書籍を通じて、多くの人にできたことの見つけ方やそのできたことから行動を変える方法、ありたい姿を見出す方法をお伝えしてきました。 一般向けはもちろん親子向けも出版しています。 また企業では目標達成技術など人材育成に活かす研修を行ったり、大学ではそのメソッドの理論まで含めて教える授業を開講して未来の教員を育てています。 いずれもテーマは、自己肯定感と行動変容と自分軸です。 それが自分らしさの発揮やイキイキと生きることにつなが

書籍解説を完全無料化。まずはこちらをお読みください

こちらは、 【1日5分「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート】 の書籍解説のマガジンになります。 今まで100円の有料コンテンツにしていましたが、この度、すべて無料公開することにしました! 自己肯定感を向上し、行動を変える習慣を身につけることで「ありたい姿」を実現することができる「できたことノート」。 出版が2016年ですので、すでに7年が経ちましたが色褪せることなく今でも多くの読者に読まれるロングセラーになっております。 子育てや一般向けだけでなく学校教育や企