自己成長には「できた」→「本当にできたって言えるのか?」という自問をしてみよう
見出し画像

自己成長には「できた」→「本当にできたって言えるのか?」という自問をしてみよう

永谷研一/ネットマン社長ブログ

突然ですが、皆さんは「自分の性格は変えられる」
と思いますか?

「三つ子の魂百まで」ということわざがあるように
”幼児期に表れた性質は、いくつになっても変わらない”
という考え方があります。


本当にそうでしょうか?

いったい「性格」って何でしょうか?他人から見たら、その人から伝わっってくるものですから

「行動」と「言動」= 性格

ということになります。


無口の方がいたとします。周りにも「寡黙の方だな」と思われています。表情を見てそういう性格と見られているわけですが、結局その表情も、行動(筋肉レベルですが)と言動(話さないという)です。

だとしたら、自分の中身はともかく、人から見た性格は変えることが
できるということになります。行動と言動を変えればいいのですから。

私は拙著「絶対に達成する技術」(KADOKAWA)や「科学的にラクして達成する技術」(クロスメディアパブリッシング)で、目標達成方法論「PDCFAサイクル」というメソッドを紹介しました。

その中で

・自己成長OSを書き換える

という言葉を使いました。

要は、「自分バージョンアップ法」
です。そのたった1つの方法は

「行動して考える」


だけです。この”考える”という部分を、丁寧に言うと

”経験を振り返ること”

です。しかしこれがなかなか難しいのです。

人は「自分はこういう人」という思い込みがあります。
それが壁になって、深く思考することを妨げるのです。

「私って●●●は不得意なのよね」などと、心の中に無意識に
壁を作ってしまいます。なかなか成長できない人はこの壁が厚いのです。

一般論として、自己肯定感が高い人は、壁が少ないと言われています。
でもそれでは面白くありません。

私は、誰でも、壁が越えられる方法を考案しました。
思考法の技術として研修や人材育成に適用しています。

とっても簡単なことなのでここで紹介します。それが


「できた」ことを見つめること

です。

ところが人は「できた」ことを深く考察することはしません。

「できた」ことは終わったこととしてスルーして、次にやることを考えます。
反対に「できなかったこと」を反省するのはとても得意です。学生時代の勉強も弱点克服ですし、ビジネスマンもいつもPDCAを回せと言われています。


でもこれでは自分へのダメだしの毎日になってしまいます。自己肯定感が上がるはずがありません。やろう!という気力も続きません。


そこで私はあえて意識して「できた」ことを見つめることを推奨しています。
小さい「できた」ことに着目して、毎日思考してみてください。あれもできた、これもできた、とたくさんあるはずです。
すると自然に「自分もなかなかやるな」という前向きな気持ちになっていきます。

そこで次にやる本質的な「問い」があります。それが


「本当にできたって言えるのか?」


という自問です。

すると、その行動の目的が見えてきます。まさに目的思考が始まるのです。

実際、「できた」としても目指す目標や上位目的に照らし合わせた時に
不十分かもしれませんし、別のやり方のほうがよかったかもしれません。

それをじっくり考えるのです。「もっと別の方法がなかったのかな」と。


できたらメモ用紙に自分の本音の気持ちも書き記し、再度読み直すと良いです。自分の感情の揺らぎを観察するイメージです。

すると、本音の感情の奥にある「こうなりたいと願う自分=ありたい姿」に気づく時が訪れます。すると新しい行動が生まれやすくなるのです。


これが自分バージョンアップのたった1つの方法

「行動してまた考える」

ということなのです。

ぜひ自分の自己成長OSを書き換える活動を明日から実践してみてください。
3ヶ月間続けたらきっと「成長した」と周りから言われる日が来るでしょう。

以上

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
嬉しいです。ありがとうございます
永谷研一/ネットマン社長ブログ
株式会社ネットマンの社長ブログです。発明家、行動科学専門家として教育改革に寄与しようと日々奮闘しています。ここでは教育クラウドの導入現場の話や、教育ICTの開発秘話、キャリア教育実践の話、また著書「できたことノート」メソッド解説など私目線で感じたことを上げていきます。