「自分の感情を観察する技術」を身につけることで精神が安定する
見出し画像

「自分の感情を観察する技術」を身につけることで精神が安定する

永谷研一/ネットマン社長ブログ


永谷研一の書籍「できたことノート」第2章より できたことを見つけようの話をします。
このnoteはできたこと塾無料メール講座より抜粋してお届けしています。

第2章 「できたこと」を見つけよう①

ここからは3回にわたって、
できたことの探し方について書いていきます。
できたことが見つかりやすいように、
「めがね」と「レンズ」を使って自分を見つめてみましょう。


【「気持ちいい!」を見つける Happyめがね】

Happy めがねは、「感情」に着目するめがねです。
Happyめがねの3つのレンズについて、説明していきますね。


1 片付いて気持ちいい「スッキリ」のレンズ

片付けが終わった、解決できたなど、
気持ちがスッキリしたことを見つめます。

「机の上をきれいに片づけた」
「クレームを解決した」
「たまった仕事を処理できた」

気持ちがスッキリ、清々しくなりますね。

これができたことを見つける「スッキリ」のレンズです。

「スッキリ」効果は、次の行動に踏み出すGoサイン。
何か物事が片付いた結果、次に行けるんですよね。


2 やった!小さな感動「ワクワク」のレンズ

いつもより上手にできた、苦手を克服したなど、
「やった!」と気持ちがあがったことを見つめます。

「電話の対応が上手にできた」
「レポートが上手くかけた」

以前もお話ししましたが、
「カレーを作った」は したこと、
「カレーがめちゃくちゃおいしくできた」は できたことです。

「ワクワク!」のレンズを通すと、
自分が持っているエネルギーに気づくことができます。
自分はこういうことにエネルギーを使うんだ。
こういうことに感動するんだ。
自分の内側のエネルギーを感じているといえますよね。


3 健康第一。元気で「ハツラツ」のレンズ

運動・食事・メンタルなどについて、
健康的で元気ハツラツな行動を見つめます。

「駅で階段を使った」
「野菜を多く食べた」
「有給休暇を取ってリフレッシュできた」

「ハツラツ!」のレンズを使うと、
いつもより違う「できたこと」を見つける、きっかけができます。
これが健康的なできたことだったんだと、
普段気づかないことに気がついた。
これも元気ハツラツのいいところですね。
健康行動をやったかどうか、
ハツラツのレンズを使って見つけてみてください。


以上、「Happyめがね」と3つのレンズを紹介しました。

では、Happyめがねで「感情」を観察すると、
どんな効果があるのでしょうか。

「感情」は人間を動かす原点。
自分の感情を観察する技術は大切です。
感情的に自分の感情を見るのではなく、
冷静に観察すると、
感情に流されなくなります。

精神面が安定し、自分をいたわることにもつながります。

Happyめがねを使って、
「感情を冷静に観察する」力も
つけてもらえたらと思います。

今週はここまで。

----------------------------------------------------------------------------
このnoteは、永谷研一の書籍「できたことノート」を解説した
27本のコンテンツから一部を抜粋してお届けしています。
27本のコンテンツを学びたい方は、まずは週に1回配信される
「できたこと塾無料メール講座」にお申込みください。

できたこと塾無料メール講座お申込みはこちらから


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
嬉しいです。ありがとうございます
永谷研一/ネットマン社長ブログ
株式会社ネットマンの社長ブログです。発明家、行動科学専門家として教育改革に寄与しようと日々奮闘しています。ここでは教育クラウドの導入現場の話や、教育ICTの開発秘話、キャリア教育実践の話、また著書「できたことノート」メソッド解説など私目線で感じたことを上げていきます。