永谷研一/ネットマン社長ブログ
ないない思考って何?あるある思考で行動力に差が出るトレーニング
見出し画像

ないない思考って何?あるある思考で行動力に差が出るトレーニング

永谷研一/ネットマン社長ブログ
永谷研一の書籍「できたことノート」第1章より 「ないない思考」と「あるある思考」の話をお話します。
このnoteはできたこと塾無料メール講座より抜粋してお届けしています。

1章 自分を肯定的に見る効果 「その1」

 1.「ないない思考」と「あるある思考」

人には、この2つの思考があります。

「ないない思考」は欠けているところに目が行くので、
どんどん”不安”になり、
マイナスイメージができて行動できなくなります。

「あるある思考」は足りている方を見て、
心が”楽”になるので、
プラスイメージができあがり行動できるようになります。

このように、「ないない思考」か「あるある思考」かによって、
行動力に大きな差が出てきます。
ちょっと言い換えのトレーニングをしてみましょう。

ないない思考:手伝ってくれない!

あるある思考:仕事を任せられている


ないない思考:わかってくれない!

あるある思考:聞いてくれる人が1人いる


ないない思考:90点だった。あと10点で100点だった。

あるある思考:90点もとった。がんばった。


このように言い換えることで、「あるある思考」に変わることができます。

人間は、欠けていること、失敗したこと、NGなことに先に目に行くのが
自然なこと。できたこと(まん丸)がたくさんあるのに、できなかったこと(欠けているところ)が先に気になる。これは自然の摂理です。


もしかしたら、人間がここまで発展成長できたのは、
欠けたところをどんどん改善していこうと思ったからかもしれません。

ただ、自己肯定感を高めるという面から見ると、問題があります。
たくさん「できたこと」があるのに、無意識にできなかった方を見てしまう。


また、仕事でも学校でも、人からマイナス面を指摘されることで、自分の欠点に注目するクセがついてしまう。
これは、残念な視点と言えるのではないでしょうか。


2.「反省」と「内省」の違い

そこで、反省と内省の違いを学ぶ必要があります。
反省は「すいませんでした」で始まるように、誰がに向かった取り繕う思考に陥りやすいのです。


内省は「うちをかえりみる」と書きますが、素直に自分と向き合った本音の思考です。
「なぜそうなったのか」ということを、自分に向き合って考えられる力を指します。


実は、行動を変える力を発揮するには、反省より内省の方が重要になってきます。


3.言い訳TOP3

ところが言い訳してしまうのが人間の性。
「忙しかった、時間がなかった、計画が悪い、私のせいではない、来週からやります」
などといった逃げの言葉は、「できない自分を正当化」して守っているとも言えます。


失敗して傷つきやすくなっている自分をる防御壁ともいえるので、一概に言い訳はダメとは言えません。
でも、言い訳している自分には気づくことができないと、本当の内省をすることはできません。


 実は内省を邪魔するものがあります。それが心の奥の本音とのアクセスを遮断する「フタ」の存在です。

今週はここまで。


------------------------------------------------------------------------------------このnoteは、永谷研一の書籍「できたことノート」を解説した
27本のコンテンツから一部を抜粋してお届けしています。
27本のコンテンツを学びたい方は、まずは週に1回配信される
「できたこと塾無料メール講座」にお申込みください。

できたこと塾無料メール講座お申込みはこちらから


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
嬉しいです。ありがとうございます
永谷研一/ネットマン社長ブログ
株式会社ネットマンの社長ブログです。発明家、行動科学専門家として教育改革に寄与しようと日々奮闘しています。ここでは教育クラウドの導入現場の話や、教育ICTの開発秘話、キャリア教育実践の話、また著書「できたことノート」メソッド解説など私目線で感じたことを上げていきます。